« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

AFC-30を使っての充電につきまして

以前、
バッテリー充電器、AFC-30で充電する際の、
豆知識を記事にしました。

AFC-30では、12V・24V・36V・48Vの電圧の
バッテリーを充電することができます。

現在、自宅には5台のバッテリーがあるのですが、
1台はソーラーパネルで充電し、
あとの4台は、2台ずつ並列に繋いで12Vの電圧で使用しています。

なので、AFC-30のモードを12Vにして充電を行っていました。

ですが会社の技術の方と先輩に、
バッテリー2台を直列に繋いで、電圧を24Vにし、
AFC-30を24Vのモードにしてバッテリーを充電したほうが、
多少ですが充電のスピードが速くなるという情報を頂きましたので、
実験をしてみることにしました。

詳しくは以前の記事をご覧ください。
充電スピード
まさかの充電ミス…

ところが、
ある方からコメントを頂きました。

要約すると、以下のような内容です。

-------------------------------------------------

・一般的にバッテリーへの充電は
 容量の10分の1の電流値で充電するのが適正と言われいる。

・AFC-30の24Vモードで充電するという事は、
 容量は1台分となるので、
 実質的に1台で充電をしているのと同じこととなる。

・24Vのモードで充電し続けると、
 すぐに使えなくなることはないが、
 長い目で見るときっと劣化は早いと考えられる。

-------------------------------------------------

以上のようなコメントを頂いましたので、
一度、会社で確認をしていただきました。

その結果、以下のような返答を頂きました。

12Vで充電する場合も、24Vで充電する場合も、
出力の電流は30Aになります。

電流が30Aですので、12Vの際は360Wで充電し、
24Vの際は720Wで充電することとなります。

24Vのモードで充電をしてしまうと、バッテリー容量に対して、
12Vのモード時の倍の充電電流がかかってしまいますので、
コメントを下さった方のおっしゃる通り、
バッテリー2台を24Vで充電した場合、
充電スピードは速くなる分、
すぐにバッテリーがダメになってしまうことはありませんが、
長期的にみると、バッテリーの劣化は早くなってしまうようです。

ですので、2台のバッテリーを充電する際は、
並列に繋いで、12Vのモードで充電した方が、
バッテリーの負荷は少ないようです。


頂いた情報を詳しく調べることなく鵜呑みにしてしまい、
誤った情報をブログに書いてしまい、申し訳ありませんでした。

今後は頂いた情報をしっかりと検証してから、
ブログに書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

 

疑似正弦波インバーターの低電圧保護

昨日初めて、
疑似正弦波インバーターの警告アラームが鳴りました…。

正弦波インバーターと同じような、「ピピッ!ピピッ!」
といったようなアラームだと思ったのですが…
実際は「ビーーー!ビーーー!」と、
防犯ブザーのような音が鳴り響きました。

…夜中に。

一気に目が覚めて、
疑似正弦波インバーターの電源をすぐに消してから、
インバーターに繋いでいたバッテリーの電圧をすぐに測りました。

その値は…10.98Vでした。

疑似正弦波インバーター PE500-112の商品ページの仕様に、
入力電圧:DC12V(動作電圧範囲:11.0~15.0V)とありますので、
低電圧保護は11.0Vで働くことになっています。

仕様を疑うわけではないのですが…
製品仕様の通り、インバーターが止まってくれたことが
なぜか嬉しかったです(笑)

これからも、色々な実験をしていきたいと思います♪

 

バッテリーの最低電圧

昨日、
もうそろそろ寝ようかなというタイミングで、
ケータイやノートパソコンの充電をしてた
正弦波インバーター
SK700-112(出力:700W)から、
警告アラームが鳴りました。

ちょうど良かったので、
SK700-112に繋いでいたDとEのバッテリー電圧を測ってみたところ、
今までで最低の10.32Vになっていました!

ケータイを充電するだけでも、
インバーターの警告アラームが鳴るくらいなので、
10.3Vがバッテリーの最低電圧で、
バッテリーが空になった状態なんだろうな…そう思っていたのですが、
違うみたいなんです!

実はバッテリーが本当に空の状態になった時の電圧は
9V台なんです。

ですが、本当に空の状態になるまでバッテリーを使ってしまうと、
バッテリーにかなりの負担がかかって、痛めてしまう可能性があるので、
インバーターの低電圧保護が働いて、インバーターをストップさせるようなんです。

基本的に、インバーターには低電圧保護機能が付いているようなのですが、
インバーターのメーカーによって、低電圧保護機能が作動する
バッテリーの電圧値設定が異なるみたいです。

インバーターによっては、バッテリーの容量が無くなる、
本当にギリギリまで使えるインバーターもあるそうなんです。

バッテリーを守ってくれるのは嬉しいのですが、
一度くらいは、本当にバッテリーが空になると、
どれくらいの電圧になるか試してみたいですよね♪♪

なので、別のインバーターも使わせてもらえないか、
掛け合ってみる予定です♪

貸してもらえるといいな。

 

充電方法

昨日は充電もちゃんと出来て、
実験も出来ました。

ですが、本当にこの充電方法で間違いないのか、
確認する必要が出てきましたので、
明日、会社で確認してきたいと思います。

その確認結果次第で、
充電の結果もご報告したいと思います。

 

まさかの充電ミス…

昨日、DとEのバッテリー残量がかなり減っていた上、
バッテリー2台を並列に繋いで12Vで充電するのと、
直列に繋いで24Vにして充電するのでは、
直列に繋いで充電した方が、充電のスピードが速くなる
…という情報を聞きましたので、実験する…予定でした。

複数台のバッテリーを充電するのに最適な、
全自動バッテリーチャージャー AFC-30を、
昨日、DとEのバッテリーに繋いでから寝たのですが…
ACケーブルがしっかりと接続できていなかったようで、
充電が出来ていませんでした(涙)

なので、本日再チャレンジです!!

しかも、さらにいい情報を会社の先輩から、
教えてもらうことが出来たんです♪♪

今まで私は、
12Vのバッテリーを並列に繋げて使用しているので、
AFC-30を12Vのモードにして、充電も行っていました。

ですが、実は2台以上を充電する際は、
並列ではなく、直列に繋いで、
AFC-30を24Vのモードにして充電した方がいいみたいなんです。

…ということで、今日から2台のバッテリーを充電する時は、
並列から直列に繋ぎ直して、
AFC-30を24Vのモードにして充電したいと思います♪♪

 

◆天気

◆バッテリー 電圧

Twitter Reload

◆リンク
◆プロフィール

SAYO

Author:SAYO
自家発電少女。自家発電で生きていくことは可能なのか? 1人の女性が太陽光発電と共に成長するリアルな物語

◆ブロとも申請フォーム
◆QRコード
QR
TOEICボキャドリル(わんこ版)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。